メンズ

マンション大規模修繕工事を成功させる|2つの方式から選択しよう

メンテナンスの重要性

エレベーター

現在、エレベーターが設置されている建物が一般的になりました。大型商業施設はもちろんですが、最近では賃貸アパートやマンションにエレベーターが設置されていることは珍しくありません。エレベーターは建築基準法により1年に1回の法定検査が義務付けられています。また利用者の安全性を考えた場合、1か月に1回のペースで任意の保守メンテナンスを行なうのが理想的です。エレベーターの使用頻度は建物によって異なりますが、パーツの中には消耗品も多く含まれています。専門的な知識と技術を持った専門業者であれば、そのような細かな部分の異変にもすぐに気づき対応することが可能です。

専門業者によって正確なメンテナンスが行なわれているエレベーターであれば、故障や不具合で引き起こされる可能性のあるトラブルも未然に防止することが可能になります。またエレベーターの定期的なメンテナンスはエレベーターそのものの耐用年数アップにもつながります。エレベーターは一度壊れてしまうと、大掛かりな補修費用が必要になりますし、補修不可能な場合は新しいエレベーターに取り換える必要も出てきます。そう考えると、定期的なメンテナンス費用の方が全体的に見てコストがかからないと言えるでしょう。とはいってもやはり毎月のエレベーターの費用は出来るだけ抑えたいというのが、管理者の本音かもしれません。確かにビルやマンションの経営費用のうちわけで、エレベーターのメンテナンス費用は少なくありません。しかしエレベーターは利用する人の命にかかわるため、費用だけでメンテナンス業者を選ぶのではなくメンテナンス技術も確かな業者を選ぶことが何よりも大切です。