メンズ

マンション大規模修繕工事を成功させる|2つの方式から選択しよう

現状回復のルール

工場

賃貸マンションやアパートといった賃貸物件のオーナーさんは、現状回復や修繕費用に関する知識をしっかりと学んでおく必要があります。というのも入居者が退去する際に、オーナーや管理会社と現状回復についてトラブルが発生することは珍しくありません。まずは賃借人にたいしてどこまで現状回復費用を負担してもらうことが出来るのかということをしっかりと理解しておきましょう。そのためにもまずは、現状回復の「現状」の定義を知っておきましょう。

現状回復工事を行なう上でポイントになるのが、「経年劣化」と「故意による破損」の違いです。まず現状回復義務というのは、賃貸契約が解除された際に、賃貸物件を契約する前の状態に戻すことを意味しています。ここでいう現状回復の定義としては入居者が生活する上で建物の価値を減少させたものの中で、故意もしくは過失、善管注意義務違反、通常使用の限度を超えるような破損とされています。故意による破損の例としては、タバコのヤニ、ペットによる傷などがあります。

そして経年劣化は読んで字のごとく、建物というのは時間が経過すると自然に劣化していくとされており、入居者現状回復の義務はないとされています。経年劣化の内容としては、壁紙やクロス、フローリング部分の傷、自然災害による網戸やガラス部分の破損、鍵の交換などが該当します。これらの内容で現状回復費用を請求しようとしても、認められないことがあるので賃貸物件の管理者は気を付けておきましょう。